離乳食にそら豆はいつから?ゆで方やアレルギー、ソラマメ中毒など

Pocket

そら豆

春から夏にかけて、鮮やかな食材がお店に並び始めますが、中でもそら豆は美味しくて栄養価も高く、茹でるだけで立派な1品になるので、主婦にも嬉しい食材です!

赤ちゃんにもそら豆など、せっかくなら旬な食材を食べさせてあげたいですよね。

そこで!今回は、離乳食にそら豆を使う場合のポイントをまとめてみました!

離乳食にそら豆いつから大丈夫?

離乳食初期
(生後5~6ヶ月)
離乳食中期
(生後7~8ヶ月)
離乳食後期
(生後9~11ヶ月)
離乳食完了期
(生後12ヶ月~1歳半頃)

そら豆は、離乳食初期から与えて大丈夫な食材です!

離乳食初期は、扱える食材も限られていますので、もし赤ちゃんの口に合うようでしたら、そら豆も離乳食食材のレパートリーに加えてみると、レシピの幅も広がりそうですね。

また、茹でるとほっくりと柔らかくなり、ペーストにもしやすい食材ですので、一度茹でてすり潰しておけば、離乳食作りも簡単になりますよ!

また、そら豆は冷凍保存もききますので、茹でてペースト状にしたら、氷を作る時の製氷皿やフリーザーパックなどに入れて小分けにしておくと便利です。

一般的なそら豆の茹で方は?

次に、そら豆の茹で方についてご紹介いたします!

豆類全般に言えることですが、さやから出した状態で売られているものは鮮度が落ちやすく、味も悪くなってしまうため、なるべくさや付きのものを買って、家で茹でると美味しく食べられると思います。

そら豆の茹で方

  • そら豆…400~500g(さや付き)
  • 塩 … 茹でる水に対して2%
    ※水800mlに対して塩大さじ1(15g)ほど
  1. 下ごしらえとして、さやから取り出したそら豆に切り込みを入れる
    (黒い筋とは反対側の部分に浅く1~2センチほど。こうすることで、実を取り出しやすくなります)
  2. ゆで時間は2分半~3分ほどで大丈夫です
    一つ食べてみて、固さなど大丈夫であればざるにあげましょう

一般的なそら豆の茹で方をご紹介しましたが、離乳食でそら豆を使う場合は、塩なしで茹でた方が良いかもしれません。

あまり塩を効かせすぎてしまうと、塩分の摂り過ぎにもなりかねませんので…。

そら豆、さや

そら豆のさやは、中が白くてフワフワしていてまるでベッドのようですよね~。

長男も一緒にそら豆のさやを取るお手伝いをしてくれるので、食育にもなっていいなと感じます。

そら豆を離乳食にすると、アレルギーはある?ソラマメ中毒とは?

そら豆は、厚生労働省が定める「アレルギー品目」(アレルギーを引き起こしやすいとされる、特定の食品のこと)には入っておりませんが、もし大豆など他の豆類にアレルギー反応があった場合は、注意した方がよいでしょう。

また、アレルギーとは別に、そら豆に関して気になるのは、ソラマメ中毒という一種の食中毒を起こすことがあるそうです。

ただ、ソラマメ中毒は主に地中海海岸、北アフリカ、中央アジアなどでよく発症報告があるようですので、地域性や遺伝的要素(そら豆を主食として食べているか、その量など)も高いと見られているので、日本ではあまりソラマメ中毒の発症例がないことから、そこまで危険視する必要はないかと思われます。

まとめ

実は、大人になるまでそら豆を食わず嫌いしていた私…(笑)

周りの人達が「匂いが…。」とか「臭いんだよね~。」と、そのことばかりピックアップするので、(そんなものをなぜ食べなきゃならんのか。)と思い、小さい頃から全く口にしなかった記憶があります。笑

大人になってから、初めてまともにそら豆を食べてみたところ…めちゃくちゃ美味しい!!

あぁ~ただの食わず嫌いだったんだなぁ…と少し後悔する自分がいたのでした(笑)

我が家の子供達は、長男は少し偏食気味なところがあるので、そら豆は「何か苦い。」と言って好きではなく、次男は喜んで食べるぐらいなので、兄弟でこうも違うのか~と、楽しんだりもしています!

そら豆は鮮やかな緑がキレイですし、旬の食材を食べられる良い機会なので、ぜひ離乳食にもチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

Pocket

[ 離乳食にそら豆はいつから?ゆで方やアレルギー、ソラマメ中毒な... ]離乳食・食材2017/03/24 13:33