お盆休み2017年の期間はいつからいつまで?業種別のお休みも!

Pocket

お盆、提灯

夏になると、働いている方や社会人の方にとっては、お盆休みが気になりますよね!

子供たちは夏休みに入っているところがほとんどだと思いますが、ママたちにとってもお盆休みの帰省などでいつもの生活から少し離れてゆっくりできるという方もいらっしゃると思います。

逆に、お盆休みは仕事だ~という方にとっても、お盆休みがいつからいつまでか、混雑具合など仕事にも多少影響してくると思いますので、チェックしたいところ。

そこで、今回は2017年のお盆休みの期間はいつからいつまでか?を調べてみました!

お盆休み2017年の期間はいつからいつまで?

さて、2017年のお盆休み期間はずばり、8月11日(金・祝日)~8月16日(水)の6連休です!

  • 8月11日(金)山の日・祝日
  • 8月12日(土)
  • 8月13日(日)お盆
  • 8月14日(月)お盆
  • 8月15日(科)お盆
  • 8月16日(水)お盆

基本的にお盆休みは、お盆の風習である迎え火と送り火をする日にちにのっとり、8月13日(迎え火をする日)8月16日(送り火をする日)としています。

2017年のお盆休みの場合は、祝日である山の日が金曜日であるため、必然的に8月12日(土)もお休みとなり、8月11日~8月16日の6連休となるようです!

2017年、8月、カレンダー、お盆

ちなみに、山の日は2016年から施行されており、毎年8月11日を山の日として祝日とするよう制定されました。

当初は8月12日を山の日とする案が採用されていましたが、同日が日本航空123便墜落事故の日であること、また事故が起きた場所が山だということから、日にちをずらして8月11日を山の日としたそうです。

そもそもお盆休みとは?なぜ8月なの?

盆、2017年、8月、カレンダー

お盆とは、夏に行われる祖先の霊を祀る日本の行事のことです。

そのため、お盆休みなどにはお墓参りをしたり、迎え火を焚く、お供え物をするなどの風習があります。

夏によく見かける盆踊りなんかは、「地獄での受苦を免れた亡者たちによる喜びの踊りを模したもの」だそうで、夏の風物詩だな~なんて思います。

さて、そんなお盆休みですが、実は地域によって旧暦新暦かに分かれており、現在は新暦の8月15日を中心にした期間をとっているところがほとんどのようです。

日本の一部の地域では、旧暦の7月15日前後をお盆としているところもあるようでして、こちらに対して新暦の8月15日前後をお盆期間とする場合は、月遅れの盆・旧盆と呼びます。

日本全国ほとんどで8月15日前後をお盆休みとしているのに、こちらが月遅れとか旧と呼ばれるなんて不思議ですよね。

実は、高度経済成長期において、製造業の地方出身者を集めて週休二日制と休日増を図り、長期の夏休みが設定されたのですが、最初は7月末~8月と、8月15日前後と2つに分かれて夏休みをとっていました。

しかし、従業員からの要望でだんだんと8月15日に長期休暇をとるようにまとまっていき、それが他の産業全般にも広がったため、お盆休みは8月15日前後というのが主流になったようです。

業種別のお盆休みについて

働いている方にとってはお休みほど嬉しいものはないと思いますが、全ての企業でお盆休みがあるわけではないので、業種別にお盆休みについて見てみましょう。

一般企業 8月11日~8月16日の6連休
役所 8月11日~8月13日の3連休
金融機関
(銀行・郵便局・証券など)
8月11日~8月13日の3連休
製造業など 8月11日~8月20日の10連休

お盆休みを採用している一般企業は8月11日~16日の6連休がほとんどのところだと思います。

中には、福利厚生が手厚い所、大手自動車メーカーなどの製造業は8月17日(木)・8月18日(金)もお休みになり、最大で10連休となるところもあるようです。

一番気になるのが、お盆休みは役所や銀行などはやっているのか?ということだと思いますが、市役所などの役場と金融機関はお盆休みは関係ないので、通常通り土日祝日がお休みとなり、8月14日(月)~8月16日(水)は営業していますよ

(2017年の山の日が金曜日で嬉しいのは、カレンダー通りのお休みを採用している会社にお勤めの方かもしれませんね!)

まとめ

実は、私も夫もお盆休みというものを全くと言っていいほど、経験したことがありません…!笑

夫は公務員、さらに夫のお父さんも公務員だったため、お盆休みはなかったと言っていました。

さらに私も、父親が金融機関に勤めており、私自身も金融関係に就職したため、お盆休みは関係なく出勤でしたね~。

なので、小さい頃からの感覚で、お盆休みがいつからいつまでなのか、ほとんど気にすることなく過ごしてきた気がします。

普段一生懸命働いている方にとっては、帰省やお墓参りなどの行事はあるかと思いますが、少しゆっくりできる嬉しいお休みだと思いますので、ぜひお体を労って英気を養われてくださいね!

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

Pocket

[ お盆休み2017年の期間はいつからいつまで?業種別のお休みも... ]生活情報2017/07/12 11:06