日傘で紫外線対策!完全遮光とは?おしゃれな芦屋折りたたみが人気

Pocket

日傘、紫外線対策、夏、UVカット、晴雨兼用

女性にとって、日差しが強くなってくると紫外線対策が気になってきますよね!

日焼けやシミの原因となる紫外線は、女性にとってはあまり浴びたくないもの…。

暑くなる時期に向けて、サングラスや帽子、UVパーカーなど様々な紫外線対策グッズが販売されると思いますが、特に皆さんが使われるものは日傘だと思います。

最近では、100%完全遮光などを売りにしている日傘などもありますが、完全遮光とは一体どんな効果があるのでしょうか?

また、おしゃれで折りたたみの日傘ですと、持ち運びにも便利ですし、使っていて気分も上がりますよね~。

日傘で紫外線対策!完全遮光とは?99%遮光と何が違う?

まず「遮光率」とは?

太陽光(日光)を遮ることのできる度合い、つまりどれだけの量の太陽光を通したか、ということです。

遮光率が高ければ高いほど、日光を遮ることができるというわけですね。

店頭で売られているほとんどの日傘や紫外線対策グッズなどには、遮光率99%や98%という記載がされており、ほとんどの方が「99%なら高くていいじゃない!」と思われるかもしれません。

ただ、厳密に言うと当たり前ですが、99%は100%ではなく、そのわずかな遮光率の差には大きな違いがあるのです。

例えば、この99%をすり抜けるわずかな太陽光でアレルギーを引き起こしてしまう日光アレルギー(光線過敏症)の方がいるように、紫外線対策を考える上ではこの1%未満のわずかな日光の量でさえも浴びるべきではありません。

そこで、完全遮光の登場です!

完全遮光とは、その名の通り100%遮光するという意味です。

紫外線対策で重要なことは、「紫外線を浴びる量をいかに減らせるか?」であり、たった1%未満であっても、紫外線を全く浴びないのと、少しずつでも浴びるのとでは10年後のお肌が変わってくると言われています。

せっかく、日傘や帽子、サングラスなどで紫外線対策をしているのに、それがあまり効果がないのでは残念ですよね…。

つまり、99%遮光と完全遮光とは差がないように見えて、実はお肌にとっては大きな違いが生まれてくるのです!

日傘で紫外線対策!完全遮光は落ちない?効果は持続するの?

日傘、紫外線対策、UVカット、晴雨兼用

一般的に日傘や帽子に使われているUVカット加工処理をしている生地には、紫外線吸収剤や反射剤などの処理を施すことにより、遮光性の効果を保っています。

しかし、生地に施した処理は、使用するごとにだんだんと遮光の効果は低下していきます。

しかし、完全遮光の生地は、生地そのものの素材に100%の遮光効果があるため、雨に濡れたりして遮光性が落ちるということはないそうです。

また、汚れたり摩擦しても遮光率が落ちることはなく、生地が破れたりしない限り半永久的に遮光の効果をキープするようですよ。

日傘で紫外線対策!折りたたみのおしゃれなものはある?

日傘で紫外線対策をする場合、完全遮光が良いのは分かりましたが、女性としてはおしゃれなデザインなど見た目にもこだわりたいですよね!

特に、日傘は室内と外を行き来する時に、折りたためるなどなるべく荷物にならないようなものが好まれますが、「生地が完全遮光」と謳っていると、なんだか地味なデザインであまりおしゃれではない印象を持ってしまいます…。

しかし!完全遮光の日傘でもおしゃれで可愛いものはたくさんあります!!

兵庫県のおしゃれタウンと言えば、「芦屋」ですよね~。

そんな芦屋から生まれた芦屋ロサブランさんでは、完全遮光のおしゃれな日傘がたくさん出ていますよ。

 

折りたたみではないですが、すぐに畳めて使いやすいショートサイズの日傘もあります。

どれも上品でオシャレなデザインなので、どの年代の方にも使いやすそうで、誕生日や母の日のプレゼントなどにもピッタリですね!

ぜひあなたのお気に入りの日傘を見つけてみてはいかがでしょうか?

まとめ

私も紫外線が気になる時期は、なるべく日傘や帽子などを使って紫外線対策をしていたのですが、遮光率のことを調べてみたらわずかでも効果が下がることを知って、かなりビックリしました…!

これからは、完全遮光など遮光率にこだわって紫外線対策グッズを選ぶとともに、帽子やサングラスなど他のものとも併用しながらUVカットをしていきたいな~と思います!

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

Pocket

[ 日傘で紫外線対策!完全遮光とは?おしゃれな芦屋折りたたみが人... ]日用品・生活雑貨2017/04/24 11:13