赤ちゃんにパイナップルや缶詰はいつから?アレルギーはある?

Pocket

パイナップル、赤ちゃん、離乳食

甘酸っぱくて美味しいパイナップル!

あらかじめカットされたものや、缶詰の加工品などで気軽に食べることもできますし、スーパーで売られている丸ごとの状態のものでも、結構簡単に皮をむくことができるんですよ!

我が家の子供達も大好きなパイナップルですが、赤ちゃんの離乳食にはいつから大丈夫なのでしょうか?

またアレルギーのことや、食べ過ぎると口の中や舌がピリピリすることもあるので、注意点などについても調べてみました!

赤ちゃんの離乳食にパイナップルはいつから大丈夫?

離乳食初期
(生後5~6ヶ月)
離乳食中期
(生後7~8ヶ月)
離乳食後期
(生後9~11ヶ月)
離乳食完了期
(生後12ヶ月~1歳半頃)
× × ×

パイナップルを含め、南国の食べ物については本などにより見解が様々で、一概に「~ヶ月から食べて大丈夫です」というものはないようです。

後ほど詳しく説明しますが、パイナップルにはブロメラインというタンパク質分解酵素が含まれているため、内蔵に負担がかかりやすいです。

そのため、こちらでは消化機能が発達してくる1歳頃の離乳食完了期からパイナップルは大丈夫としましたが、赤ちゃんの成長には個人差がありますので、初めてパイナップルを食べさせる際には少量を様子を見ながらにしてみてくださいね。

パイナップルの缶詰は離乳食にあげても大丈夫?

パイナップル、缶詰

さて、缶詰のパイナップルについてはどうでしょうか?

果物を缶詰に加工する際は、きちんと加熱・殺菌処理をしていますので、生の状態で食べるよりも多少安心感があるように思われます。

また、パイナップルに含まれる消化酵素・ブロメラインは60℃以上の加熱でその働きが失われるため、缶詰のパイナップルにはほとんど含まれないと考えられます。

ただ、反対に加熱処理してあるとうことは、その分ビタミンCなどの栄養素も逃げてしまっており、缶詰加工をする場合には大量の砂糖シロップを使うため、糖分の摂り過ぎにもなってしまいます。

以上のことから、缶詰のパイナップルについては、あくまでもお菓子などと同様の嗜好品と捉えた方が良さそうですね。

赤ちゃんや子どもにパイナップル、アレルギーはある?

パイナップルは、アレルギーが出やすいとされる特定原材料等には含まれていませんが、まれにパイナップルアレルギーというのはあるようです。

パイナップルアレルギーでよく出る症状は、口腔アレルギーで、主な症状としては、

  • 口の中や奥がイガイガする、かゆみを伴う
  • 赤く腫れる
  • じんましん
  • 目鼻の強いかゆみ
  • 腹痛、下痢、吐き気
  • 呼吸困難などのアナフィラキシー

が見られます。

パイナップルを食べた後にこのような症状、もしくは少しでもおかしいな?という変化が見られたら、早めに医師の診察を受けるようにされてくださいね。

また、パイナップルでアレルギーが出る場合には、キウイフルーツ・パパイヤなどのフルーツでも同様のアレルギー症状が出る可能性があります。

他にも、パイナップルで気になるのは「舌がピリピリする」「口の周りが赤くなる」などの症状だと思いますが、こちらについてはパイナップルに含まれるブロメラインという分解酵素と、シュウ酸カルシウムが関係しています。

ブロメライン タンパク質分解酵素の一つであるブロメラインは、生のパイナップルによく含まれており、お肉などを分解する働きがあります。

(ちなみに、酢豚に含まれるパイナップルはこのブロメラインの効果を用いているとされていますが、缶詰の項目でも書いたように、加熱するとブロメラインは働かなくなるため、生のパイナップルでないと意味がないとされています。)

シュウ酸カルシウム シュウ酸とカルシウムが結合してできた物質で、結晶が針状になっていることから皮膚に触れるとチクチクとしたかゆみを伴うことがあります。

里芋・山芋などによく含まれており、手に触れると痒くなるのはシュウ酸カルシウムの結晶が手に刺さっているためです。

 

ブロメラインやシュウ酸カルシウムを含んだパイナップルの果汁が口の周り付いたままだったり、口内に残っていると赤くなったり、口の中が荒れたりすることがあります。

赤ちゃんや子どもの場合は大人よりも皮膚が薄く敏感になっていますので、もしパイナップルを食べた後はガーゼなどで軽く口の周りをぬぐったり、水やお茶を飲むのもおすすめです。

 

また、未熟なパイナップルには多量の酸の他、シュウ酸カルシウム、食べ過ぎると口内は荒れ、さらにブロメラインの酵素作用によって組織のタンパク質が分解され、出血にまでいたることがまれにあるので、よく熟れたパイナップルを選んだほうが良いでしょう。

まとめ

数年前に皮ごとのパイナップルの切り方を教えてもらってから、スーパーでパイナップルを買う機会が増えました!

カットパインよりも値段が安く、たくさん食べられるので家族でパイナップルを楽しんでいます♪

ただ、子供達はあまり食べすぎてしまうと、舌がピリピリするというので、ほどほどの量で止めるようにしています。

赤ちゃんの離乳食としては無理に食べさせる必要もないと思いますので、大きくなってからのお楽しみにしてもいいかもしれませんね!

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

Pocket

[ 赤ちゃんにパイナップルや缶詰はいつから?アレルギーはある? ]離乳食・食材2017/07/26 11:21