郵便料金値上げいつから?定形外はいくら?切り替わるタイミング等

Pocket

郵便料金の値上げがされるという発表がありました。

主な原因としては、人件費の上昇により事業収支悪化への対策とされていますが、郵便を利用する側からすると気になるのは、郵便料金がいくらに値上げするのか?や、いつから新料金で出すタイミングなのか?などですよね。

郵便料金値上げはいつから?

郵便料金、値上げ、ポスト

2017年6月1日(木)から値上げとなります。

消費税率引き上げに伴う郵便料金の値上げが2014年にありましたが、今回は経営収支の悪化によるものなので、実質的な値上げは1994年以来23年ぶりとなります。

また、2019年10月には再び消費税増税が予定されていますので、そのタイミングで郵便料金が値上げされる可能性もあります。

ひとえに郵便料金と言っても、ハガキや封筒、定形郵便や定形外など様々な種類がありますよね。

今回の郵便料金の改定では、その全てが値上げになるわけではないようです。

郵便料金値上げ!定形外はいくらになる?価格一覧

郵便料金、値上げ、封筒、手紙、ハガキ

今回の郵便料金改定で値上げになるのは、

  • ハガキ(第二種郵便物)
  • 定形外郵便物
  • ゆうメール

の3種類です。

一般的に利用される、定形郵便(第一種郵便物)いわゆる普通の手紙は、82円(50gを超えるものは92円)のまま据え置きになります。

ハガキ(第二種郵便物)

郵便料金、値上げ、第二種郵便物、ハガキ、年賀状

第二種郵便物であるハガキは、通常・往復ともに値上げとなります。

ただし、年賀状に使われる年賀はがきは52年のまま値上げはしないようなので、ここは嬉しいポイントですね!

ちなみに、年賀はがきとして取り扱われるためには、

  • 12月15日~翌年1月7日に差し出されたもの
  • 表面に「年賀」の文字を分かりやすく朱書きしてあるもの

である必要があります。

この辺はあまり難しく考えずに、普通に年賀はがきを購入すれば大丈夫です。

定形外郵便物

郵便料金、値上げ、定形外郵便物

定形外郵便物は、今まで重さによって運賃が決まっていたのが、2017年6月1日(木)からの値上げでは、規格内規格外という2種類に分けられ、そこからまた重さで郵便料金が変わるようです。

規格というのは、

長辺 34cm 以内、短辺 25cm 以内、厚さ 3 ㎝以内及び重量 1kg 以内

というもので、角計2号の封筒、いわゆるA4サイズが入る封筒の大きさとほぼ同じです。

あれ?よく見ると、一部値下げになっている部分もありますね!

そうなんです、規格内の「250g 超 500gまで」と「500g 超 1kgまで」は、400円→380円、600円→570円に料金が下がっています。

それでも厚さは3cm以内にしないといけないので、なかなか難しいところですけどね(汗)

ゆうメール

ゆうメール、郵便料金、値上げ

ゆうメールは、送る中身が決められているけれど、その分安く郵送することのできるサービスです。

ゆうメールの条件としては、

  • 3kgまでの冊子とした印刷物やCD・DVD
  • 信書は送れない
  • 印刷されていないもの(手書きのもの)は送れない

などですので、ちょっと分厚いカタログや書籍などを郵送するのに最適です。

ゆうメールも、規格内と規格外に分かれており、

規格は、長辺 34cm 以内、短辺 25cm 以内、厚さ 3 ㎝以内及び重量 1kg 以内

となっています。

郵便料金値上げ・切り替わるタイミングやポストで送る場合はいつから新料金で出すべき?

郵便料金は消印ベースで考えますので、旧料金のままで郵送したい場合は、

  • 郵便窓口で出す場合は、5月31日の営業時間内まで
  • 投函したいポストの5月31日の最終集荷時刻まで
  • ゆうゆう窓口は、5月31日の営業時間内まで
  • 24時間ゆうゆう窓口は23時ぐらいまで

に出せば大丈夫かと思われます(あくまでも予想ですが)。

24時間ゆうゆう窓口の場合は、消印の日付を変更してしまうそうなので、日付が変わる24時ギリギリではなく、早めに出しに行った方が無難なようです。

一番気をつけたいのは、5月31日の集荷が終わってしまった後に、ポストに投函してしまうことです。

これだと、おそらく消印が6月1日になってしまうので、新料金になってしまい、料金不足で差出人に戻ってくる可能性が大です。

郵便窓口が終わってしまい、近くにゆうゆう窓口などもない場合、なるべく値上げ後の郵便料金で投函した方が良さそうですね。

まとめ

フリマアプリや、ハンドメイド小物を販売するのがブームだったり、個人でも何かと郵送のため郵便を使う機会はあるかと思います。

お手持ちのハガキや52円切手などは、不足分を支払えばちゃんと使うことができますので、もし大量にお持ちでも安心してくださいね。

また、料金改定のタイミングに被さってしまうと料金不足で配達不可になり戻ってきてしまう可能性もありますので、大事なものや急ぎのものはなるべく郵便窓口にて料金を確認してもらってから出すのがベストだと思います!

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

Pocket

[ 郵便料金値上げいつから?定形外はいくら?切り替わるタイミング... ]生活情報2017/03/15 15:25