無痛分娩とは?リスクやデメリット、費用や痛み・和痛との違いは?

Pocket

妊婦、妊娠、出産

芸能人が無痛分娩にて出産したことがニュースになったり、日本でも少しずつ認知度が広まっている無痛分娩

日本では「陣痛を経験しないと母性が目覚めない」など根拠のない風潮により無痛分娩への理解が乏しかったですが、最近では「痛みによる恐怖心が和らぎリラックスしてお産に臨める・産後の回復しやすいなど」、無痛分娩のメリットにも注目が集まるようになりました。

ただ、「痛みがないなら無痛分娩にしよう!」など、安易に選択するのではなく、無痛分娩に関してよく知り納得した上で出産に臨むことが大切だと思います。

無痛分娩とは?どんなメリットがある?

出産時には、子宮の収縮が始まり、胎児が子宮口を押し広げることなどによる痛み(陣痛)を伴いますが、麻酔を使用して、この痛みが脳に伝わるのをブロックすることで陣痛を和らげて出産に望む方法を無痛分娩と言います。

麻酔を使用すると言っても、完全に眠ったりしてしまうことは少なく、意識はある状態ですので赤ちゃんを抱っこしたりすることもちゃんとできますよ。

無痛分娩という名前だけで、「痛みが(全く)無い」と思われがちですが、赤ちゃんが出てくる時にはいきみも必要になりますし、また痛みの和らぎ方は個人差にもよるので、無痛分娩とは言っても通常の出産方法と変わりはありません。

あくまでも「陣痛の痛みが軽くなるもの」という認識です。

また、無痛分娩を選択する場合は、出産する日を事前に決定する計画分娩になることがほとんどです。

無痛分娩のメリットは?

出産時に一番大切なことは、ママがリラックスしてお産に臨めることです。

しかし、初産婦さんであれば経験したことのない陣痛への不安や恐怖心など、計り知れないものがありますし、経産婦さんであっても前回のお産の陣痛が長時間に渡ったなど、出産を経験したことがある方でも、陣痛は怖いと感じると思います。

無痛分娩のメリットは、陣痛を和らげるため痛みでパニックになったり、痛みによる緊張も少なくなり、産後の体力回復が早いことです。

また、分娩時には赤ちゃんへ酸素を送るために母親の呼吸がとても大事になりますが、痛みなどで身体が緊張したりすると呼吸が浅くなってしまいます。

無痛分娩によって母親の呼吸が安定することで、赤ちゃんへの酸素供給量が増えるメリットがあるという報告もあります。

無痛分娩の方法は?どのように麻酔をするの?赤ちゃんへの影響は?

出産、分娩、赤ちゃん

無痛分娩では麻酔を使用して脳に伝わる痛みをブロックしますが、この麻酔の方法が「硬膜外麻酔」と「点滴麻酔」の2種類あります。

硬膜外麻酔

背中の腰辺りから麻酔薬を注入し、局所麻酔をかける方法を硬膜外麻酔と言います。針を使用するので、刺す時に少しチクッとした痛みを伴います。意識もはっきりとしています。

点滴麻酔

静脈から点滴によって麻酔薬を入れていく方法です。硬膜外麻酔に比べると麻酔の効果が弱いですが、事前の処置は簡単です。また分娩中に多少眠気を催すことがありますが、赤ちゃんが生まれてくるまでは意識があります。

麻酔による赤ちゃんへの影響は?

母体に注入された麻酔薬は、少量が胎盤を通じて赤ちゃんに移るため少し眠たそうに生まれてくることもあるそうですが、これは一時的なものなので時間が経って麻酔の影響がなくなれば元に戻るようです。

また、麻酔によって赤ちゃんの呼吸が弱くなるなどの報告もないそうなので、無痛分娩の麻酔が赤ちゃんへ与える影響はないようですね。

無痛分娩のデメリットは?

一つには分娩費用が高くなるという点です。

また、痛みを和らげる効果には個人差があるため、無痛分娩を選択したにも関わらず、思ったほどの効果が得られなかったという場合も考えられます。

後は、出産時間が通常の分娩より長くなり、鉗子(かんし)・吸引分娩を実施する確立が高くなるという統計が出ています。

原因は明確には分かっていませんが、一つの説としては「無痛分娩により痛みが和らぐことで、母体のいきむ力が弱くなり結果的に時間がかかるのかもしれない」ということです。

他にも、麻酔が効くと陣痛を促すホルモンの一種「オキシトシン」の分泌が減るため、陣痛促進剤を投与する場合も多いそうです。

無痛分娩のリスクは?

病院、カルテ、診察

無痛分娩のリスクで一番気になるのは「無痛分娩で死亡することはあるか?」という点だと思います。

と言うのも、報道などで”無痛分娩時の死亡事故”に関する件数などが発表されることがあるからです。

厚労省の研究班が2010年1月から16年4月までに報告された298人の妊産婦死亡例を分析したところ、無痛分娩を行っていた死亡例が13人(4%)あったというデータが発表されています。

しかし、このデータ上では母体死亡に麻酔がどれだけ影響していたのかは分からず、無痛分娩による死亡率が高くなることを示してはいません。

他の無痛分娩に関する報道では、硬膜外麻酔の処置後に呼吸不全となり、その後低酸素脳症で亡くなったというものです。

こちらも、無痛分娩による死亡というよりは、麻酔の処置によるものだと考えられ、厚労省研究班が求める「急変時に対応できる十分な体制」があれば救命できたかもしれません。

また、麻酔によって血管の緊張がとれることで血圧低下が引き起こされ、赤ちゃんに負担がかかる恐れがあります。

いずれにしても、病院で無痛分娩についての説明を受ける際には、万が一危険な状態に陥った場合はどのような体勢でフォローされるのかなどもきちんと確認しておくことが必要であると考えます。

無痛分娩の痛みはどのくらい?本当に痛くないの?

無痛分娩は痛みが完全になくなるというわけではなく、また痛みの感じ方は人それぞれなので「痛みをほとんど感じない」という人もいれば痛みを訴える人もいて個人差があると言えます。

そのため、全くの無痛・無感覚というわけではないことを理解する必要があります。

また、通常は子宮口が数センチ開いたのを確認してから麻酔薬を入れるという手順を踏みますので、最初からまったく痛みを感じないわけではありません。

無痛分娩の費用はどのくらい?

無痛分娩の費用は、普通分娩費用に加えて0~20万ほどで、分娩する病院によって費用の差があります。

費用としては、普通の出産と同様に保険適用外となるので、もし無痛分娩を希望する場合には出産予定の施設へ詳細などを確認すると良さそうですね。

無痛分娩と和痛分娩の違いは?

無痛分娩と似たような出産方法で「和痛分娩」がありますが、無痛分娩と和痛分娩の明確な違いはなく、医療機関による呼び方の違いと言えます。

名称をそのまま捉えてしまうと、「無痛分娩の方が痛みが全く無いのでは?」と思われがちですが、無痛分娩も和痛分娩も麻酔によって陣痛の痛みを和らげる方法は同様であり、医学的には明確な定義がありません。

まとめ

出産に関しては、何が起こるか分かりませんし、100%安心・安全なお産などあり得ません。

しかし、長い時間お腹にいた我が子と初めて対面できるという貴重な瞬間でもあります。

無痛分娩を選択するかどうかは、無痛分娩に対する理解を深め、家族や産婦人科医としっかりと話し合うことが大切であると考えます。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

Pocket

[ 無痛分娩とは?リスクやデメリット、費用や痛み・和痛との違いは... ]妊娠・出産2017/05/13 23:36