Pocket

神社やお寺にお詣りに行ったとき、おみくじを目にするとつい運試しに♪と引きたくなりませんか?特に初詣のときなんかは、その年の運勢が気になって、ついつい占ってみたくなくものですよね。ところで、おみくじの正しい順番ってご存知でしょうか?一番わかりやすい大吉ならば嬉しいのですが、小吉や吉が出ると「あれ?これって良いんだっけ…なんか微妙なんだっけ??」と、なりがちだと思います。そこで、今回は改めておみくじ吉凶の正しい順番をまとめてみました!ついでに、おみくじの結び方や理由、持ち帰っても大丈夫なのか、などおみくじのマナーもついでに覚えてしまいましょう。

Sponsored Links

大吉・小吉、おみくじ吉凶の順番

さて、ここで元も子もないことを申し上げます。実は、おみくじの結果について明確な正解はありません。なぜかというと、神社やお寺によっておみくじの内容はさまざまであり、順番の見解も異なるからです。だけど、それではせっかくおみくじを引いても納得できませんよね。そこで、ひとつの目安となるのが、神宮(伊勢神宮)を本宗として日本各地の神社を包括している神社本庁の見解です。神社本庁では、

大吉>吉>中吉>小吉>末吉>凶

という順序をひとつの見解として示していますので、参考になさってくださいね。ただ、同じ「大吉・吉・中吉・小吉・末吉・凶」の6種類でも異なる順序を示している社寺もあるそうです。例えば、

大吉>中吉>小吉>吉>末吉>凶

のように、吉が中吉・小吉よりも後ろになっている順序です。この場合、吉を引いたときにどちらの見解をとるかで気分が大きく変わってきますよね。また、もっと細かく分けたおみくじが含まれている場合だと、

大吉>吉>中吉>小吉>半吉>末吉>末小吉>平>凶>小凶>半凶>末凶>大凶

もしくは、

大吉>中吉>小吉>吉>半吉>末吉>末小吉>平>凶>小凶>半凶>末凶>大凶

のような見解もあるようです。なんていうおみくじの結果があること、初めて知りました!笑 占いですから大部分は気の持ちようですが、あまり気になるようでしたら、おみくじを引いた社寺での見解を確認してみるとよいかもしれませんね。話のネタになったり、思わぬ小噺が聞けるかもしれませんよ!(ただし、宮司さんや巫女さんのお仕事に差し障りのない程度にしましょうね。)

おみくじの結び方や理由は?お守りに持ち帰っても大丈夫?

おみくじを設置しているところには大体、おみくじを結ぶための場所があるかと思いますが、良い結果だった場合お守りとして持っておきたい・結ばずに家に持って帰ってじっくり読みたい…など、ありますよね。そもそも、おみくじを引いたあとのマナーや決まりなどはあるのでしょうか?これも、おみくじの順番と同じく社寺によって見解が分かれるところではありますが、大きく2つのパターンに分けられるようです。

持ち帰る

おみくじには神様や仏からのありがたいメッセージやパワーが込められているので、吉凶の結果にかかわらず教訓を戒める気持ちで持ち歩き、後にお礼を込めて納める。

結果次第で結ぶor持ち帰る

自分にとって都合の悪い結果であれば、その場で結びつけてさらなる御加護を願う。良い結果のおみくじであれば持ち帰り、後日境内に結びつける。

もともとおみくじは、自身の教訓として持ち歩くものだったとされています。そのため、結果が凶であったとしてもおみくじを持ち歩くことで不幸になるということではなく、自分への戒めとして持ち帰っても大丈夫なのです。けれど、やはり結果の悪いおみくじはあまり手元に置いておきたくないという人間の心理もありますよね?そのため、凶をとどめて吉に転じるよう願いを込めて境内に結びつける箇所を設置している社寺も多いようです。

当然ですが、絶対にやってはいけないことは、おみくじをむやみに捨てることです。持って帰る場合は大切にし、その場で結びつける場合は決められたところに結ぶのが基本です。そもそも、おみくじを社寺に結ぶのは「神様や仏と縁を結ぶ」という意味が込められています。結ぶのは必ずしもおみくじを引いた社寺でなくても構わないとされていますが、基本的には神社のものは神社へ、お寺のものはお寺へ納めるのが良いとされています。

また、おみくじを結ぶ場所ですが、よく境内の木々の枝に結びつけられているのをよく見かけます。これは、「木には神や精霊が宿るとされ、その生命力にあやかり願い事がしっかり結ばれますように」という祈りが込められているからです。ただ、むやみに境内の木々におみくじを結びつけてしまうと、木の枝を痛めたり生育を妨げてしまいかねません。おみくじを結ぶための専用場所が設けられている場合は、必ずそちらに結びつけるようにしましょう。

最後に

以前、夫婦でおみくじを引いたときに第○番という番号まで一緒だったことがありました。自分で引くおみくじではなく、箱から棒を引いて巫女さんに交換してもらうものだったので、夫とは引いた場所も箱もバラバラでした。そんな不思議なことが楽しめるのも、おみくじならではかな~と思います。社寺のルールやマナーを守って、楽しくおみくじを引いてみてくださいね!

Pocket

Sponsored Links