Pocket

夏にかけて暑くなってくると、海や川やプールなど、子どもと水遊びをする機会が増えますよね!最近では、夏でも紫外線対策やケガ防止などの理由で子どもにもラッシュガードを着せることが多くなったと思います。我が家も、よく川遊びやキャンプに出かけるので、子どもたちにラッシュガードを着せることがよくあります。

Sponsored Links

ただ、赤ちゃんの頃に疑問に思ったのが「子どもにラッシュガードを着せるとき、中には何を着せたら良いの?」という問題。また、半袖と長袖が売られているけど、どちらのほうがよいのか?など、子どものラッシュガードについて調べてみました!

ラッシュガード、子供、水着

子どもにラッシュガードは必要?着せる理由は?

そもそも、子どもにラッシュガードは必要か?ということに関してですが、結論から言うと着せたほうが良いと個人的には思います。子どもにラッシュガードが必要な理由は大きく2つあります。

紫外線からお肌を守るため

赤ちゃん、子供、海、リゾート

子どもは大人よりも皮膚が薄いため、紫外線による肌へのダメージが大きくなります。さらに、大人であれば(ちょっと日差しが強いな…)と感じれば日陰に移動したり、日焼け止めを塗ったり日傘をさしたりするなど、紫外線対策ができますが、子どもの場合は正直ムリです。笑

私自身も子どもの頃の経験で、家族旅行で沖縄に行った時、キレイな海に夢中になって何時間でも遊んでしまい、夜には肩から背中にかけてひどい日焼けでヒリヒリしすぎて、布団の寝返りでさえも痛すぎてしんどかった…という苦い思い出があります。汗

子どもは紫外線や日焼けに対して無頓着だからこそ、ラッシュガードで守ってあげると良さそうですね。

ケガを防止するため

海、岩場

ラッシュガードは英語で、rash(擦り傷)guard(守る)の意味です。特にマリンスポーツは、海の岩場で転んだり、クラゲ・虫刺されなどケガが付きもの。ラッシュガードは、そんな夏のレジャーにありがちなケガを予防する意味合いもあるのです。

ただラッシュガードについて一点注意したいのは、ラッシュガードは一度水に濡れると、寒さを感じやすくなるため、防寒とは逆の効果になってしまいますので、濡れたままのラッシュガードをずっと着せておくのは避けたほうが良さそうです。

子どもにラッシュガード、中には何を着せる?

ラッシュガード、子供、海

ラッシュガードは売られているもののほとんどが水着と同じような素材でできているので、中には基本的に何も着なくても大丈夫なようです。

男の子の水着は下半身のみのものが多いですので、0~2歳頃まではグレコタイプ(画像のようなひとつなぎになっているタイプ)の水着を着せた上からラッシュガードを着る・大きくなってきた男の子であれば、直接着るタイプのラッシュガードが良いかなと思います。

子どもにラッシュガード、半袖と長袖どちらが良い?

子どものラッシュガードを選ぶ時のポイントは、

  • UV加工のものを選ぶ
  • フードが付いているかどうか
  • 半袖or長袖

ラッシュガードは紫外線や日焼けを防止する目的がありますので、なるべくUV加工がされているものを選んだほうが良さそうです!今どきは売られているもののほとんどがUV加工された素材を使っていますが、中には普通の素材のものも含まれていますので、購入するときにはデザインだけでなく機能面もチェックしてみてくださいね。

また、フードに関しては、引っかかったり何かに巻き込まれるなど思わぬ事故になりがちですので、子どものラッシュガードについてはフードなしのものを選んだほうが無難かと思います。

半袖と長袖どちらのラッシュガードを選ぶかですが、子どものラッシュガードの場合は長袖を選ぶ方が多いのかなと思います。

メリット デメリット
半袖 動きやすい 肌が出ている部分が多くなる
長袖 皮膚を守ってくれる面積が広い 動きにくくなるので嫌がる子もいる

また、半袖・長袖に関わらず、ラッシュガードはジッパータイプのもののほうが着脱しやすいため、体温調節がしやすくなります。

最後に

我が家でも、プールなど水遊びをする時にはラッシュガードを着せているのですが、特に嫌がることもなく着てくれています!おかげで、紫外線やケガなどを気にせず水遊びをすることができるので、ラッシュガードを用意して良かったな~と感じています。

海や川、プールなど夏は他ではできない遊びもたくさんありますので、ラッシュガードなどを活用して、ぜひ子どもとの夏のレジャーを楽しんでくださいね!

Pocket

Sponsored Links