Pocket

雪見だいふくについているフォークに、超レアな確率で入っている珍しいフォークがあるのをご存知でしょうか?冬場になるとかなりの頻度で雪見だいふくを食べている我が家なのですが、いまだに超レアフォークに出会ったことがありません…。どのぐらいの確率なのか気になったので調べてみました!

Sponsored Links

雪見だいふくのフォーク超レアの確率は?

超レアなフォークについて、雪見だいふくの発売元であるロッテから公式の発表は出ていません。ただ、トピックスとしては面白いためか、テレビの情報番組などで取り上げられたことがあるようで、その情報をもとに調査してみた結果…

50分の1(2%)

というのが最新の情報のようです。単純に50個買ったら1本レアフォークが入っているということになりますね。ただ、50個も雪見だいふくが冷凍庫に入るのかどうか…しかも、5000円くらいかかりますのでレアフォークを出すのは一筋縄ではいかなさそうです。

雪見だいふくのフォーク・うさぎや弓、金など種類まとめ

通常の雪見だいふくのフォークには、

  • ハートが1つ
  • ハートが2つ
  • ハートが3つ
  • うさぎのマーク(レア)

の4種類がありますが、超レアなフォークにはこんなデザインを型どったものが入っているようです。


めちゃくちゃかわいいですよね~!かなりの運(と資金)が必要そうですが、ぜひ生で見てみたい…!他にも、レアではないですが期間限定販売の「北海道ミルクプリン」や「こだわりのティラミス」はゴールドのフォークになっていたり、味によってフォークの色を変えていることも。

そもそも、雪見だいふくのフォーク(ピック)って昔は薄い緑(エメラルドグリーン?)のイメージだったんですけど、いつの間にかピンクが定着しましたよね~。2010年代頃から緑→ピンクに変わり始めたようです。

最後に

今回はじめて知ったのですが、雪見だいふくって冬季限定販売のイメージだったんですけど、2018年から通年販売になっていたんですね!だから最近(もう雪見だいふく売ってる~もうそんな時期かぁ…年取ると年月すぎるのが早いな~。)なんてのんきに思っていたのですが、ただ単に1年中雪見だいふくが売られるようになっただけでした。笑

また、毎年11月18日はロッテが制定した「雪見だいふくの日」になっており、語呂合わせの11(いい)と、18はフタを開けたときのフォークと雪見だいふくが2個並んでいるようすからきているそうです。

子どもたちも雪見だいふくが大好きで、冷凍庫に入っているのを発見したとたん、私と取り合いになるほど家族で大好きなアイスです。まだレアなフォークには出会えていませんが、そのうち出会えると信じて雪見だいふくを食べ続けたいと思います!

 

Pocket

Sponsored Links